PR

【落合陽一:2024年は超AIが来る】超AIとは何か/課長レベルの仕事もできる/一番のネックはGPU/コンサルは不要に/日本以外は雇用が減る/自分データを管理せよ【PIVOT】

スポンサーリンク

【落合陽一:2024年は超AIが来る】超AIとは何か/課長レベルの仕事もできる/一番のネックはGPU/コンサルは不要に/日本以外は雇用が減る/自分データを管理せよ【PIVOT】

ビジネス映像メディア「PIVOT」のYouTubeチャンネルです。
経営、テクノロジー、マネー、キャリア、ビジネススキルなどをテーマに、スキルセット・マインドセットを高める学びコンテンツを毎日配信しています。

この動画では『【落合陽一:2024年は超AIが来る】超AIとは何か/課長レベルの仕事もできる/一番のネックはGPU/コンサルは不要に/日本以外は雇用が減る/自分データを管理せよ』を学べます!

<目次>
00:00 ダイジェスト
00:36 昨年を振り返る
04:40 超AIとは何か
12:39 一番のネックはGPU
18:36 日本以外は雇用が減る
26:56 AIの実装方法
35:48 次回予告

<プロフィール>
落合陽一|メディアアーティスト/筑波大学准教授
1987年東京都生まれ。筑波大学情報学群情報メディア創成学類を卒業し、東京大学大学院学際情報学府で博士号を取得(学際情報学府初の早期修了者)。2021年7月現在、筑波大学図書館情報メディア系准教授/デジタルネイチャー開発研究センター・センター長。ベンチャー企業や一般社団法人の代表を務めるほか、政府有識者会議の委員等も歴任。メディアアーティストとして個展も多数開催し、EUのSTARTS Prizeやメディアアート賞のPrix Ars Electronicaなど、研究から芸術に至るさまざまな分野において国内外で受賞多数。

前回の動画も見てね♪
【2024年の日本と世界:新浪剛史】トランプ再選確率は7割/中国は日本化/賃上げ5%以下の企業はいい人材を雇えなくなる/企業の新陳代謝と合従連衡が進む【PIVOT】
【2024年の日本と世界:新浪剛史】トランプ再選確率は7割/中国は日本化/賃上げ5%以下の企業はいい人材を雇えなくなる/企業の新陳代謝と合従連衡が進む【PIVOT】 ビジネス映像メディア「PIVOT」のYouTubeチャンネルです。 経営、...
PIVOT
スポンサーリンク
動画で学ぶ投資&経済学

コメント