PR

【マイナス金利解除後も、住宅ローンは“変動金利”一択】最初の10年が金利総額の半分/金利が2%に上がっても、固定金利の支払いは変動金利の倍/金利6%が分水嶺【PIVOT】

スポンサーリンク

【マイナス金利解除後も、住宅ローンは“変動金利”一択】最初の10年が金利総額の半分/金利が2%に上がっても、固定金利の支払いは変動金利の倍/金利6%が分水嶺【PIVOT】

ビジネス映像メディア「PIVOT」のYouTubeチャンネルです。
経営、テクノロジー、マネー、キャリア、ビジネススキルなどをテーマに、スキルセット・マインドセットを高める学びコンテンツを毎日配信しています。

この動画では『【マイナス金利解除後も、住宅ローンは“変動金利”一択】最初の10年が金利総額の半分/金利が2%に上がっても、固定金利の支払いは変動金利の倍/金利6%が分水嶺』を学べます!

<目次>
00:00 ダイジェスト
00:55 住宅ローンは“変動金利”一択
07:23 固定金利のメリット
12:58 金利シミュレーション
22:08 住宅ローンと地震リスク

<ゲスト>
塩澤 崇/MFS取締役COO
2006年にモルガン・スタンレーにて住宅ローン証券化ビジネスに参画。2009年にボストン・コンサルティング・グループ入社。メガバンク・証券・生保の国内営業戦略・アジア進出ロードマップ等の経営コンサルティングに従事。2015年9月よりMFS取締役COO。住宅ローン比較サービス「モゲチェック」のマーケティング、プロダクト開発、事業戦略立案などを管掌。東京大学大学院情報理工学系研究科修了。

前回の動画も見てね♪
【最新予測:マイナス金利解除と住宅ローン】好循環の兆しはあるが、課題は多い/最速の解除が2024年7月である理由/政府は戦略的に円安誘導/2025年以内の解除→50%【PIVOT】
【最新予測:マイナス金利解除と住宅ローン】好循環の兆しはあるが、課題は多い/最速の解除が2024年7月である理由/政府は戦略的に円安誘導/2025年以内の解除→50%【PIVOT】 ビジネス映像メディア「PIVOT」のYouTubeチャンネ...
PIVOT
スポンサーリンク
動画で学ぶ投資&経済学

コメント